「知的財産権」このツボをおさえよう
(第5回)契約書の役目



 知的財産権はその名の通り自社の大切な財産です。
 特許や実用新案、意匠や商標といった制度によって、その保護を求めることができます。しかし、これと併せて、ノウハウなどを守るために、取引先などと適切な契約を結んでおくことも大切なことです。
 例えば、新商品を発売するために特殊な部品を外注するときには、外注先と秘密保持契約を結んでおかなければなりません。新製品の発売前にその部品を第三者に販売されたり公表されたりしてしまったら大変です。
 新製品の場合には、特許が出願中でまだ権利が確立していないことも多く、他社に対して侵害警告を発することが困難な場合も少なくありません。また、特許で保護されないノウハウについては、秘密保持契約が非常に大切です。
 また、新製品の開発に重要な役割を果たした従業員が他社に引き抜かれるようなこともあります。だから、従業員との間で秘密保持契約を結んでおかなければなりません。特に、新製品の製造上のノウハウを退職後も外部に持ち出さないように、就業規則に秘密保持義務をしっかりと規定しておくことが大切です。
 立場を変えて、得意先や親会社から、秘密保持契約の締結を要求される場合がありますね。いずれにしても、秘密保持の対象と秘密保持期間とをしっかり取り決めしておかなければなりません。
1213.png
 秘密を守って下さいという約束だけで、その対象や範囲がはっきりしていないと、違反があっても、それを違反だと主張することができません。自分が秘密を守る側の場合、対象がはっきりしていないと、思わぬ場合に、契約違反だと言われかねません。
 こんな事態を防ぐために、秘密の対象をお互いに書面で確認しあいましょう。また、契約書には、秘密の対象を書面で確認するというよう規定しておいて下さい。
 自分が秘密を守る側の場合で、もう一つ重要なことがあります。秘密保持義務を課せられる期間です。期間がはっきり決められていなかったり、自動延長して終わりが無かったりする契約を見かけることがあります。そんなにいつまでも秘密を保持できますか? 忘れた頃に契約違反を追求されることだってあります。
 内容が公表されたり対象商品が沢山世の中に出回ったりした場合には、秘密保持義務は解消されるはずです。秘密が解除された対象も書面で確認しあうようにしてください。
 大切な知的財産権を守るのは一筋縄ではいけません。ご質問やご意見等がありましたら、ぜひ、メールを下さい。