「知的財産権」このツボをおさえよう
(第7回)商品名の役割と決め方


商標(商品名やサービス名)は、自社の商品と他社の商品とを区別してもらうために使用します。
だから、ユニークで特徴的なものであることが大切です。
 味の素、黄桜、楽天、オリックス、というように、会社名が商品名の役割をしていると、その商品やサービスを、我々が、別会社のものと取り違えることはありませんね。
シャネルやルイビトンの場合には、ロゴを見ればすぐに見分けが付きます。カローラ、シビック、サニーという商品名を聞けば、どこの会社の車か必ずわかります。
他人の商品名を勝手に使用すると、商標権の侵害になります。さらに、間違えて商品を購入した一般消費者にも迷惑がかかるので、刑事罰を科せられることもあります。
有名な会社名を拝借するのはもってのほかですが、登録された商標とよく似た商品名を知らずに使用して、警告を受ける場合もあります。このときはただちに使用を停止しなければなりません。該当する商品名を使用した商品を全て回収しなければなりません。大変なことです。
 だから、トップ企業は、新商品に社名を含まない商品名を付けるときには、慎重に準備をします。いくつか候補を決めて、特許庁に出願をし、登録を受けてから使用するようにしています。
 しかしながら、一般には、新商品を開発したら、早く商品名を決めて早く発売をしたいと思うのが人情です。その場合は、必ず次の作業をして下さい。
 まず、思いついた言葉が同じ業界で誰かに使われてないか、インターネットを検索してみて下さい。沢山ヒットしてくる言葉は採用しないで下さい。さらに、既登録商標が無いか、特許庁電子図書館で調査して下さい。わずかな調査漏れは防げませんが、ここまでは必須の作業です。
117.png
例えば、飲料水に「さがみの水」という商品名は登録されません。普通に使われる表現で、だれのものか区別できず、なんの特徴も認められないからです。
 これに対して、飲料水に「さがみの潤水」という商品名は、商標登録を認められました。相模原商工会議所が権利者です。
インターネットで検索をしても、過去に、潤水を飲料水を指すものとして使用していた例は
ありませんでした。
 「さがみの潤水」は美味しい水という評判が定着すれば、「さがみの潤水」を使用した商品の売れ行きも伸びます。まさに商標は大変な財産といえます。